【賃貸OK】押入れ収納は突っ張り棒ハンガーラックがおすすめ【穴開け不要】

【賃貸OK】押入れ収納は突っ張り棒ハンガーラックがおすすめ【穴開け不要】家とDIY
この記事は約9分で読めます。

「押入れが使いにくい」
「パイプをつけたいけど、穴は開けたくない」
「突っ張り棒だと落ちてきそう」
ひとつでも当てはまった方!わたしは突っ張り棒タイプを使っていますが、これが想像以上に使いやすいです。
デッドスペースになっている押入れを、工具いらずでクローゼットに生まれ変わらせちゃいましょう!

スポンサーリンク

押入れの上段って使いづらい

現状は物置き

押入れの現状

こちらが改良前の押入れです。ごちゃっとしてて空いた上のスペースがもったいない…。

洋服は部屋にかけているが邪魔

洋服は天井についているポールにかけていますが、邪魔だし見映えが悪いんです。

引っ越してからずっとどうにかしたかった押入れに、洋服をかけられるようにしちゃいます!

ねじでパイプをつけるのはちょっと面倒

ネジで設置されたパイプ

最初はねじでパイプを設置しようとしましたが、4つ面倒ポイントがありました。

  • 幅にぴったりのパイプ、それに合うソケットを用意するのが面倒
  • 押入れの幅が180cmあり両壁の支えだけだと弱そう
  • 押入れの作りの関係上、中継地を作りにくい
  • 電動ドライバーを持っていない

DIYに自信のある方は見映えもいいのでパイプがおすすめですが、わたしはちょっと不安&道具もなかったので諦めました。

「押入れ用突っ張り棒支え棒セット/平安伸銅工業」を買ってみた

押入れ用突っ張り棒支え棒セット/平安伸銅工業

こちらAmazonで買った突っ張り棒です。

いろいろな種類を見ましたが、これが1番口コミが良く、値段も2000円ちょっとと手ごろだったので決めました。

製品について

部品は2つ
中身は横にわたすポールが1本と、真ん中で支えるポールが1本です。

部品が2つだけなので悩むことなく設置できました。

幅 :110~190cmまで
高さ:69~115cmまで
重さ:40~50kgまで使えます

設置の様子

軽く突っ張ってみる

①ポールを置きたいところに突っ張ります(ナナメっていますが気にせずに)

水平をとる

②水平器で水平になるようにします

ネジを締める

③いいところでネジを締めます

設置完成

④真ん中に支えの棒をつけて完成!単純な造りなので悩むこともなく10分くらいでできました

実際使ってみていいところ

設置してみて半年が過ぎましたが1度も落下することなく使えています、快適!

押入れ一間にたくさん洋服がかけられる

洋服をかけている様子

たくさんかけられます!

今までデッドスペースだったところなので、収納力がどーんと上がりました。

真ん中に支えがあるから突っ張り棒なのに強力&落ちない

真ん中の支え棒バネで支えている

この製品の1番のキモは、真ん中の支え棒のこのバネです。

このバネがあるおかげでしっかりと下からポールを支えることができ、ちょっとやそっとの洋服の量じゃ落ちないようになっています。

引っ張っても動かない

手で引っ張ってみても動きません。

設置する位置を自由に決められていい

平面に設置

この突っ張り棒のいいところは、「置きたいところに置ける」ところだと思います。

穴を開けて設置する場合は

  • 壁の下地がネジを打てる下地か確認
  • ポールの上に中継地をつける梁(はり)が必要

なので、位置がある程度決まってしまいます。

突っ張りタイプだとそういった縛りがないので自由に設置できてよかったです。

最後に|押入れがクローゼットになると服が片づいた

わたしも買うまではそーとー悩みましたが、2000円ちょっとでこの快適さはすごい。

洋服をハンガーにかけて仕舞えるのでたたむ必要がないのもGOOD!

110~190cmの幅で使えるので、サイズさえ合えばぜひ使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました