【害鳥】鳩よけに効いた対策と方法 鳩との戦いまとめ【撃退】

わが家の屋根でくつろぐ鳩家とDIY
この記事は約10分で読めます。
「鳩に困っている」
「体験談を読みたい」
「鳩よけに効くリアルな方法が知りたい」
ここ数か月、鳩と毎日戦ってきました。鳩よけに効いた方法とその戦いについて書いています、一緒に勝利を勝ち取りましょう。
スポンサーリンク

鳩との出会い

今の家に引っ越してきて半年がたち、芝生への野良猫フン事件を乗り越えた直後の3月のこと。隣の家の屋根から「くるっぽー」とハトの鳴き声がやけに聞こえるようになった。

「なんだろう?」と注意して見てみると、隣家と向かいの野原をせっせと行き来するハト。その口には小枝がくわえられている。どうも巣を作っているようだ。

もともと今住んでいる一帯は鳥害が多く、隣家もその裏のお宅も外壁がフンだらけである。わが家は今のところ害はないが、いつこちらに興味を出すかわからない。

ハトは庭にいるわたしのことなど意に介さずに、わたしの頭上を行き来していた。

鳩によるフン害が発生

翌日、2羽のハトが仲睦まじくわが家の屋根でくつろいでいる。「ヤバイ」、直感でこいつらがわが家の屋根も狙っていることがわかった。

庭に出てよくよく芝生を見てみると、フンが1か所2か所…5か所もフンで汚染されていた。広くてお気に入りのベランダにもフンが2つ。野良猫に勝ったと思った矢先である、ショックは隠しきれない。

憎しみを込めて2羽のハトを睨んでみるが、ハトにはこの殺気は伝わらなかったみたいだ。

この時点での被害の内容は

  • 早朝の鳴き声
  • 芝生・軒下の砂利へのフン害
  • おそらく屋根へのフン害…である。

もしかしたらすでに太陽光パネルの下は巣かもしれん、それだけは絶対許さん。

鳩と徹底抗戦することを決意

わが家の屋根でくつろぐ鳩

いろいろなブログやハトの専門サイトを読んで勉強したが、ハトはなかなか厄介なやつのようだ。

「空飛ぶドブネズミ」という表現を見て、さらに殺意が湧いた。うちにはかわいいかわいい2歳児がいる、変な病気を持ってこられては困るのである。

CDをぶら下げるのは効かない、忌避剤は効力に期限がある。そもそも仮に生やさしい対処で来なくなったとしても、隣が巣だ。すぐにやって来るだろう。

わたしはハトと直接戦うことにした。幸い現在ヒマが多い、自宅警備ならどんとこいだ。

戦い①ホースの水で鳩に攻撃→失敗

ホースでは2階の屋根に届かない

まずは手はじめに、庭に三脚を立ててその上に登り、ホースの水をぶっかけることにした。ご近所の奇異な眼差しなんか気にしていられない、これは領土領空をかけた戦争である。

しかし奴らは2階屋根の上、届かない。我が物顔でわが家の屋根の上を歩いておる。「あの人間バカなことしてるぜヒャッハー!」という声が聞こえる、実にムカつく。

持ち手をつけたホースと三脚ホースで水をかけると逃げる鳩

もっと飛距離がほしい。1mの木材をホースに繋げて持ち上げるとハトのいる屋根まで届き、ハト達は驚いて飛び立っていった。わたしはハトを追い払った達成感でいっぱいになったが、その代償は大きく、私自身もまた水浸しになってしまった。

「鳩は場所に執着する」らしい、野良猫もそうらしいが。三脚に座って待っていると、5分もせずにハトが屋根に帰ってきた。おかえりの気持ちを込めて再度水をぶっかけるが、奴らも頭が良く、1週間ほど攻撃を続けていると今までいた軒先から棟(上のほう)に行ってしまった。いくら木材で長さを稼いだといっても届かない。

わたしは業者に頼んで2度と屋根にとまれないように電流でも流そうかと考えたが、これは最終手段にしたい(宝くじが当たったら絶対設置する)。エアガンも考えたがさすがに住宅街で撃つわけにはいけない。
>>鳩被害を安全・綺麗に即解決【鳩110番】

考えている間にハトが4羽に増えた、どこから来たんやお前らは。

戦い②100均の剣山をシャッターボックスの上に設置→失敗

まずはシャッターボックスの上にガムテープで剣山を設置することにした。鳩避けといえばこれだ。

ダイソーの剣山はトゲが柔らかい

とりあえずダイソーの剣山を買って設置してみたが…これがまったくなんの役にも立たない!!!そもそもトゲがやわらかいから痛くないんだな!くそう!

「座り心地いいっスね」とでも言いたげに剣山の上に悠々と座って羽を休める鳩。

鳩に落とされた剣山シャッターボックス上の剣山

数か月たって劣化して粘着力がなくなったガムテープ、それを見越して剣山に体当たりして叩き落とす鳩。

あまりの怒りで震えが止まらなかった、落ちそうになりながら設置したのに…。

結論、ダイソーの剣山は鳩には効かない。

戦い③ベランダにテグスを張る→成功

ベランダにテグス

シャッターボックスは諦めて、次にベランダを守ることにした。

ネットで覆うのが1番だというのはわかっていたが、ハトの野郎のためだけにお金をかけ、景観を悪くし、布団を手すりに干せないという使い勝手の悪さはいただけなかった。やるなら1000円未満や、それ以上は負けだ。100均へ繰り出し、ベランダの手すりにテグスをはることにした。

700円でDIYしたがこのテグスが想像以上にいい働きをしてくれて、設置してから4か月、まだ侵入は許していない。もしこのテグスを越えてくる日がきたら、即ネット全張りの予定だ。

戦い④ストリームマシンで狙撃→成功

水鉄砲ストリームマシン

次に屋根の上でくつろぐハト4羽である。今はまだ羽休めをしている段階だが、これを放置しておくと勝手に「ここは安全だ」とか勘違いして巣を作って住み着く可能性が高い。

エアガンは前述の通り諦めたので、鳥獣保護法にも抵触しない武器として「水鉄砲」を選んだ。

これはただの水鉄砲ではない、世界最強クラスの飛距離を誇る水鉄砲「ストリームマシン」である。昔ながらの筒型のピストン方式。

Amazonで当時2900円で購入、2本も来た。これを書いている今のほうが安くてちょっとショックを受けた。

女のわたしが全力でプッシュすると、屋根の上まで届いた。距離もさることながら、すごいのがその水量。狙った場所にすごい水量の水がぶちまけられる、まるでバケツでもひっくり返したみたいだ。その強力な威力に撃った本人もびびった。

ストリームマシンで鳩を撃つ

「これはいいものを買った」、気分はスナイパーである。ハトが来るのを今か今かと待っているとやって来た、馬鹿め。今までの鬱憤を持ち手に込めて発射させると、ハトもその水量と音にびっくりして飛んで行った。

しばらくすると戻ってきたがここでももう一度発射!撃っては戻りをくり返すこと数回、わたしのことを「コイツやべぇ奴」とハトが認識してくれたみたいで此方を伺いながら来るようになった。

1か月ほどイタチごっこをくり返すと、わたしが庭にいるときには飛んでこなくなった。しかし室内にいるとその隙をついてやってくるので、気配がしたら庭に飛び出して発射している。ハトにとっては地味な嫌がらせだろう。

しかしその戦いの途中で数日間雨が降り、戦えない日があった。奴らは鳥である、鳥頭である。あんなに仲良く戦ったことなどすっかり忘れ、再びわが家の屋根でくつろいでいるではないか。

怒りに震えながら水鉄砲を撃ちまくり(近隣には配慮)、なんとか思い出してもらった。継続は力なり、雨の日でも撃つようになった。

戦い⑤手を打ち鳴らす→成功

手をパーーーーッン!と打ち鳴らします。道具いらずのコスパ最強の技。

睨みつけながら連続で打ち鳴らすと逃げる。ハトの姿が見えなくても打ち鳴らすことで、びっくりして逃げていくのでおすすめ。でも1人でパンパンする怪しい人ではあります、近隣に配慮して行いましょう。

現在

最近では屋根にとまろうとしてわたしを発見すると、旋回して遠くから見つめてくるまでの仲になった。睨みながら近づくと飛んで逃げるが、いかんせん隣家が巣である。

対策の決定打にはなっていないが、「やべぇ奴がいる」と他のハト達とも情報共有してもらえると助かる。

このようなハトへの憎しみオンリーで書いたブログをここまで読んでいただき感謝します。ハトとの戦いは始まったばかり、変化があり次第更新予定です。

追記:2021.7

家の南側で毎日戦っていた結果、芝にフンをされることがほぼなくなり、あまり姿を見なくなりました。

「勝った!」と思っていたところ、なんと家の北側のテレビアンテナ(ボックス型)で休んでました。なんてヤツ…!!!

今はストリームマシンで家の周りを巡回しています。

追記:2021.9

北から南まで巡回を2か月続け、4羽から5羽に増えたハトは道向かいの家で休むことが多くなりました。ただ奴らは鳥頭、巡回(水かけ&手打ち)をやめると舞い戻ってきそうなんで、引き続き戦っていこうと思います。今の夢は屋根に登って太陽光パネルのすき間に剣山を置くことです。

最近映画「鳩の撃退法」の文字を見ると心が躍るのは私だけじゃないはず

↓スズメとも戦ってます

コメント

タイトルとURLをコピーしました