危険なチャイルドシートを買いかけた体験談 安全性が保障されない!?

安全なチャイルドシートの選び方は国土交通省のテスト結果でわかる子育て
「安全なチャイルドシートの選び方が知りたい」
「安全じゃないチャイルドシートなんてあるの?」

チャイルドシートって種類は多いし、何を基準に選んだらいいかわからないですよね。

実はチャイルドシートって国が安全性能をテストしてくれてるんです。

そのテストが「自動車アセスメント| 自動車総合安全情報 – 国土交通省」のチャイルドシートアセスメント!

事故を起こしてからじゃ遅い、安全なチャイルドシートに座らせてあげましょう。

スポンサーリンク

口コミからはわからない安全性が知りたい

当ページの画像は全て「自動車アセスメント| 自動車総合安全情報 – 国土交通省」より引用させていただいています。

チャイルドシート交換の目安

チャイルドシート交換の目安

わたしはチャイルドシート選びにはとても苦労しました。

口コミも大切ですが、1番重要な安全性はどこを探しても分からずモヤモヤ…。1台目はよくわからないまま店頭で買いました。

今回子どもが1歳を過ぎ、2台目として幼児用のチャイルドシートを選ぶことになりました。

当初の私のチャイルドシートを選ぶ条件

①1万円程度
②口コミがいい
③できればジュニアシート(ブースター)として使える

探していく中で、西松屋で見つけた「ベビーFUNハーネスネオ」という商品が気になりました。値段は8000円くらいで、口コミも良く、ブースターにもなる完ぺき商品!

ただ、この商品について調べていく中で、とあるサイトにたどり着いたんです。

チャイルドシートアセスメントに出会う

たどり着いたサイトは、「自動車アセスメント| 自動車総合安全情報 – 国土交通省」の「チャイルドシートアセスメント」です。

リンク先から下にスクロールしてください。

チャイルドシートアセスメント

国土交通省と自動車事故対策機構では、市販のチャイルドシートを使って「チャイルドシートアセスメント」という安全性の試験を行っています。

「前面衝突」と「使用性評価」の2つの試験でチャイルドシートの使用テストを行っており、毎年3月ごろに結果が公表されます。

アセスメント内容

私は今まで生きてきて、国土交通省がこんな研究をしているなんて知りませんでした。

買う予定だった「ベビーFUNハーネスネオ」がまさかの「推奨せず」

ベビーFUNハーネスネオのアセスメント結果

追記:2022年のアセスメントからは「ベビーFUNハーネスネオ」は消えていました。代わりに西松屋ブランドの「ハーネスジュニアFIX-BR/スマートエンジェル」が追加されていましたが、こちらも「推奨せず」となっていました…。

買おうと思っていたチャイルドシートがまさかの「推奨せず」!

いやあれでしょ、推奨せずっていっても下から2番目とかそんな・・・1番下!!

優・良・普・推奨せずの4段階

「優」「良」「普」「推奨せず」の4段階で評価されています。

1番下ってダメってことやん・・・安全性が推奨できない、ショックでした。てっきり日本で売ってるチャイルドシートは、すべて安全性が保証されているものと思っていたんですがどうやら違う。

買う予定は白紙にもどり、こうなったら絶対に安全なのを買ってやる!ということで国土交通省のサイトとにらめっこしながら探しました。

「推奨できない」の商品がすべてダメだとは思いませんが、なにかしらのリスクがあると考えて買うのをやめました。

選んだのは「ロングフィット3/リーマン」

ロングフィットのアセスメント結果

  • 幼児用・ベルト固定タイプで唯一の「」!
  • お値段まさかの1万円!(2022年9月現在)
  • 1歳~11歳までのロングユーズでブースターにまでなる!

見つけた時はあまりに興奮して変なテンションになりました。

たった2000円の違いで「優」が買える…情報ってなんてすばらしいんだ

↓買ってみた感想はこちら

最後に|安全性の高さも選ぶ基準にしよう

かわいいわが子を事故から守ってくれる唯一の存在、チャイルドシート。デザインや値段ももちろん大切ですが、ぜひこの試験結果なども参考にして選ばれてみてくださいね。

大切なお子さんの命、同じように悩んでる方の参考になればすごくうれしいです。

↓チャイルドシートの安全性は、この記事を読めばわかる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました