首周りの大きい子ども服を簡単リメイク!手縫いでもできるサイズダウンの方法

首元が大きい服は簡単にサイズダウンさせて着よう!子育て
この記事は約3分で読めます。

子どもってすぐに大きくなりますよね!

去年買った服がもう入らない…なんてことも多いので、あらかじめ1サイズ2サイズ大き目を買っているのは私だけでは無いかと思います。

しかしそうすると発生するのが「首元がだらしない問題」

簡単にちゃちゃっとお直しして、長く着れるようにしちゃいましょう!

スポンサーリンク

大きめの服を買ってブカブカになりがち

首周りが大きい服
  • 大きいのを承知で買った服
  • プレゼントやお祝いでもらった服
  • おさがりでもらった服

などなど、いろいろな理由でサイズが合わないことって多いです。

私は保育園入園のために何着も買いましたが、ジャストサイズを買うとワンシーズンで着れなくなるのが想像できたので1~2サイズ大きめを選びました。

ブカブカのまま保育園で使うとだらしない安全面からも先生の迷惑にもなるので、しっかりお直しして使っていきましょう!

↓掛けやすいループタオルの作り方はこちら

必要物品は「裁縫道具」のみ

首元が大きな服
首元が大きい服
  • 直したい服
  • 裁縫道具:ミシンでも手縫いでも(ミシンを持っていないので今回は手縫いしました)

首元を詰める簡単な縫い方

①服の前面真ん中をつまみ、詰める幅を決めます。

詰める幅を決める
実際に子どもに着せて目安をつけましょう

②縦に1cmくらい縫います。襟のふちまで縫うと、仕上がりが自然です。

襟のふちまで縫うのがポイント
上から見た図
上から見るとこんな感じです

③つぶして上を縫うと完成!

潰す
左右が均等になるように潰します
上部を縫います
上の部分を縫っていきます
完成!
完成!

縫ったあとはフレアのようになり、かわいいアクセントにもなります♪

完成品、上から見た図
上から
完成品、裏から見た図
裏から

前の1か所を詰めても首周りが大きい場合は、背中側も詰めるといいですよ。

糸を外したあとはどうなるか

1年くらいたってから糸を取ってみました。

糸をとる

服の素材によるとは思いますが、縫っていた感はなかったです。

1度洗濯機で洗うと折り目もわからなくなりました。

最後に|襟ぐりを直してジャストサイズにしよう!

お裁縫が苦手な方でも簡単にできるかと思います。

サイズを調整してかわいく&かっこよく着せてあげましょう♪

↓ズボンの裾上げはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました