赤ちゃんが大きくなって後悔する前に!新生児期にしてよかった6つのこと

新生児子育て
この記事は約8分で読めます。

子どもの成長って振り返ってみると早いです。

子どもはもう2歳半ですが
こんなことしてあげたらよかった…
これはしてあげてよかった!
など、いろいろな反省があります。

とくに新生児のころの赤ちゃんは寝る、飲む、泣く、時々ほほえむくらいしか変化がなく「私がしてることって意味があるのかな…」なんてことも思ったりしていました

まずは産後の体の調子を整える&赤ちゃんのお世話を1番に考えて、少しでも余裕があればぜひ取り入れてみてください。

1日1分でもいいです、振り返るとあっという間のかけがえのない時間が積み重なり、大切な思い出となって残ります

スポンサーリンク

新生児期にしておくと良いこと

手形・足形を取る

退院して早いうちにぜひ取っておくことをオススメします!

生まれたての小さくて頼りなくてほにゃほにゃの手足

「もう少し落ち着いてからでいいかな〜」なんて思っていたら、あっという間に大きくなります

道具も正直なんでもいいと思います、スタンダードなのは紙とインクでしょうか。

「でも普通のインクを赤ちゃんにつけるのはちょっとなぁ(汚れそうだし)」と思ったわたしは↓を使いました

  • 無色のインクで汚れにくい
  • 失敗してもやり直しできる

ので安心して取れました。

取るときは大人が2人いたほうが取りやすかったです。

育児記録・育児日記を書く

育児日記

書いていない方は今すぐはじめてください!

「キリが悪いし…」「わざわざ書かなくても…」とか思うでしょ!

悲しいことに、書いていないことはどんどん忘れていってしまいます

1日1日成長していくわが子のかわいさ、大変さ、自分の気持ち…。

私は日記に書いていることは思い出せますが、それ以外のことはハッキリと思い出せません。

たった1年前のことが記憶喪失です、老化現象です…。
(追記:2歳になると書いていないことはまったく覚えていません(笑))

私はアナログをおすすめしますが、書きやすければスマホのアプリでも日記帳でもノートでもなんでもいいです、思いつくままに書いてみてください。

私は

  1. 妊娠中はスマホのアプリ
  2. 子どもを産んで1年間はミルク業者の方にいただいた育児日記
  3. 1歳からは10年日記帳をつけはじめました。

毎日書かなくてもいいんです、今のかけがえのない瞬間を記録に残してみてください。

数年後にきっと大切な宝ものになりますよ

写真を撮る

カメラで写真を撮る

今はスマホにデジカメに、ササッと撮れて本当にいい時代ですね。

いっぱい撮っておきましょう、消すのはいつでもできるのでいそがずに!

生活感いっぱいの背景、疲れた顔で抱っこしてる姿…つい消したくなりますが残しておきましょう。汚い部屋

後から見なおすと、消そうと思ってた写真が逆にいい思い出になります

写真はありのままの現実も撮るべし

ビデオを撮る

ビデオを撮る

新生児の赤ちゃんは日1日で顔つきが変わっていきます、写真だけでなくどうか動画も撮っておきましょう!

とくに泣き顔は忘れがち!

「ふにゃ〜」というか細い泣き声は新生児限定です、私も赤ちゃんが泣いてしまうとすぐに抱っこしていたので忘れていました。

私は0歳から1歳までの1年間、1日10秒は動画を撮っています。

いつか1年分を切り貼りして、成長動画を作りたいな〜と夢見ています。

歌を歌う

私は授乳の時に、恥ずかしながらオリジナルの授乳ソングを歌っていました。

ド音痴ですが歌うのは好きです。

ずーっと授乳のたびに歌っていると、4か月になる頃には歌うと笑いながらおっぱいをせがむようになりました。それがとにかくかわいいんです…!

1歳になると笑いながら授乳クッションを持ってきてくれるようにもなりました、かわいい。

新生児の赤ちゃんはなにも聞いていないように見えますが、ちゃんと親の声を聞いてくれてます歌も覚えてくれてます

赤ちゃんの成長とかわいさを一度に感じられる、ノーコストでお得な遊びです♪

番外編・おっぱいのケア

「完ミでいくわ!」という方は必要ないですが、少しでもおっぱいでの授乳を考えている方はぜひ。

赤ちゃんの吸う力は想像以上で、はじめのうちは吸うのもヘタです。

お母さんの方も慣れていないので、おっぱいへの負担はヤバイです。

赤ちゃんのだ液で乾燥することもあり、すぐに

  • ヒリヒリ感
  • ひび割れ
  • 水疱
  • 血豆

といった症状が現れます。

あまりに痛すぎて「吸われるのが怖い!!」と恐怖を覚えた11111か月でした。

入院中はクリームで、退院してからは化粧水+クリーム+ラップで保護して、いたわってあげてください。

授乳はじめがつらいですが、2〜3か月たつころには最強のおっぱいに進化してるのでがんばって乗り越えましょう!

わたしはこれを愛用しました、粘り気がとても強く保護してくれたおっぱい育児の相棒です。

最後に:無理なく思い出を残しましょう

新生児期は母体への負担がとても大きな1か月です。

まずは少しでも寝て休むことに専念し、余裕のある時間に赤ちゃんとの触れ合いの思い出を残されてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました