子供のズボンを切らないで簡単に裾上げするための縫い方

子供のズボンを切らないで簡単に裾上げするための縫い方子育て
この記事は約3分で読めます。
「ズボンを切らずにリサイズしたい」
「裾を折り込むやり方以外で、簡単な縫い方を知りたい」

子どもってすぐに大きくなるので、できれば大き目の服を長く着てほしいですよね。

手縫いで簡単に目立たないように裾上げして、長くコスパ良く着てもらいましょう!

スポンサーリンク

保育園入園前にズボンの裾上げを手縫いでしました

子ども服サイズ90のズボンの股下長い

保育園入園のために1サイズ大きい服を買いました。1歳で保育園に入るときに、普段は80サイズですが90を買いました。来年もぜひとも着てほしいので…!

たかが1サイズ、されど1サイズ。履かせてみると裾がズルズル、だめだこりゃ。

さあ、来年に備えて簡単に裾上げしていこう!

<わたしが失敗した裾上げ方法たち>
・シャーリング(サイドがくしゅくしゅ):糸が切れやすく何回も縫い直すはめに
・2回折り込んで縫う:裾が乾かなーい
・100均裾上げテープ:やり方が悪いのかすぐに分離する…
縫うので縫い穴が目立つズボン(ツルツル素材とか)は注意してね!

ズボンを切らない手縫い方法

①子供にズボンを履かせて、裾上げしたい長さまでまくり上げる

裾上げしたいズボンを理想の長さに折る

左右のまくり上げの長さがちゃんと同じか確認しましょう。

裾上げの時は股下が同じ長さにする

②ズボンの表面同士の縫い目をそろえて、待ち針を刺す

ズボンの表面と裏面の縫い目を揃えて待ち針を打つ表面同士の縫い目も確認

この後真ん中は縫うので、待ち針は下のほうに刺して下さい。

待ち針を内外4か所に刺す

外側と内側の計4か所そろえます。

ここがきちんと揃っていると仕上がりが綺麗になるので、ここだけ本気出します

③めくり上げたズボンの半分よりやや下を波縫いする

真ん中よりやや下を波縫いする

ズボンのど真ん中ではなく、やや下を縫います。そのほうが出来上がりがいい感じです。

縫うための目印に、チャコペンや折り目をつけると縫いやすいです。糸は目立たない色のものを使ってくださいね(今回はわかりやすいように目立つ色を使ってます)。

玉結びして(大き目だと安心)、表面から縫ってください。両サイドの縫い目同士はそろえましょう。

ズボンの裏から針を刺すサイドの縫い目が合うように縫う

縫い加減は少しゆるめに、適当に波縫いします。

適当に波縫いする

ズボンはストレッチが効いてるものが多いので、ゆったりめに縫うと脱ぎ着しやすくなります。

④表に返したら完成!

縫い目に沿って返すズボンの裾上げ完成

<この縫い方のメリット>
・裾のデザインをそのまま出せる
・裾を開けたままなので乾きやすい
・簡単
裾が開いているので乾きやすい
③でやや下を縫った理由がこれ。被せが少し大きくなり、外から中が見えません。イイ感じ☆

糸を外した後はどうなるか

折あと

半年くらいして解いてみました、子どもの成長って早い。

縫っていたあとはわからず、折り目だけ残っています。洗濯を数回すると裾上げしていたことはわからなくなりました。

最後に|子供服は自分でリサイズして長く履こう

裾上げしたズボンを履く子供

サイドの縫い目さえ揃えてあげれば、裾上げしてることも目立たずいい感じにできます。

波縫いもテキトーでいいので、縫い物が苦手な人にもおすすめです。

↓大きい襟ぐりの詰め方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました