撮り方で決まる!赤ちゃんのアルバム用写真を選ぶポイント7つ

カメラで写真を撮るイラスト/写真
この記事は約6分で読めます。

子どものアルバムを作ろうと思ったときに、「どんな写真を選んだらいいんだろう?」と悩んでいませんか?

選んでみたけど似たり寄ったり・・・」「アルバムが子どもの顔しかうつってないなどあるかと思います、わたしもはじめてフォトブックを作った際は同じようになりました。

自分がいいと思った写真を選ぶというのは、もちろん正解です。大正解。

しかし、わたしが趣味でフォトブックを数十冊作ってみると、写真選びにはコツがあることに気づきました。今から伝える写真選びのポイントを読んでから写真を選んでみると、もっともっと素敵なアルバムに仕上がるはずです!

スポンサーリンク

アルバム作りで重要なのは写真の「面白さ」

アルバムのコメント

わたしがアルバムを作る上で1番大切にしているのが「面白さ」です。「面白さ」と一言で言っても、ネタ的な面白さを言っているわけではありません。

アルバムにおける面白さとは、何度でも読み返したくなる中毒性のことだと考えます。強調するところは強調し、ストーリー性をつけたアルバムは読むのが楽しいです。

面白みのないアルバムの特徴

面白くないアルバム

せっかくアルバムを作るからには「読んで面白いアルバム」を作りたいですよね!読むのが自分だけならいいですが、自分だけじゃないですもんね。

まずは面白くないアルバム写真についてからです。

写真がすべて子どもの顔ばかり
アングルがすべて真正面・頭上から。
構図が全て縦or横
背景がきれいすぎる
以上がわたしが考える面白いと思わないアルバム写真です。思い当たるものはありましたか?

撮ったときは完璧だ!と思うんですが、いざアルバムとなると写真がワンパターンすぎて飽きるんですよね・・・(経験者)。

ここからは写真の選び方のコツについてまとめていきます。

見返したくなる写真の選び方のコツ

写真を選ぶときはパソコン画面で選ぶ

写真はパソコン画面で選ぶ

今の時代、スマホで撮ってスマホで印刷という人も多いかと思います。スマホで撮るのはもちろんOKなんですが、「写真を選ぶ」のはパソコンの画面で選んだほうが絶対にいいです

スマホは画面が小さいので写真のブレピンボケがわかりづらく、印刷してはじめて気づくことが多くあります。「思ってたんと違う!」状態です。

パソコンはスマホに比べて画面が大きいので、選ぶ際はパソコンからがおすすめです。

気になるor捨てられない写真はとりあえず選ぶ

気になる写真はひとまずフォルダへ入れる

アルバムに入れる写真を選ぶとき、「厳選してえらばなきゃ!」と思うと難航することって多いです。どれもこれもかわいいわが子、簡単にあきらめるわけにはいきません。

1.気になる写真はすべて選ぶ(フォルダに入れる)
2.選んだ中からもう一度見比べて選ぶ

の手順を踏みましょう。

無理してがんばって写真を選んでも、未練が残るとなかなか作業が進みません。①から②の作業をすることで、莫大な量の写真から選ぶよりも選びたい写真がはっきりとして「これとこれは同じ表情だからこちらにしようかな?」と見比べやすくなります。

ちなみに、アルバムに使った写真フォルダは取っているとなにかと便利です。フォルダの写真はお気に入りの写真ということなので、家族に写真を焼いてあげたりアルバムを作り直したりするときにもう一度選びなおす必要がないので超ラクです、おすすめです。

アルバムに使った写真フォルダは取っておこう!

フィルター(美白モードなど)をかけた写真は選ばない

これ大事です。

フィルターをかけた写真って盛れてるしかわいさ倍増だしいいじゃん☆って思いますよね。でもですね、今はいいかもしれませんが数か月、数年すると変に感じるんです。なぜかというと、

時代が変わって古臭さを感じる
フィルターよりも素顔を見たくなる

のです。赤ちゃんや子どもは(親もですよ)素顔が1番かわいいんです!!完成されたかわいさってもんがあるんです!

数枚アクセントで入れるのはいいですが、すべてフィルター写真のアルバムっていうのはやめておいたほうがいいです。

からだのパーツ・おもちゃを主役に撮った写真を選んで強弱をつける

子どもと親の手

こちらはアルバムを作る上でのアクセントとして使います。面白みのあるアルバムには適度なメリハリがあり、それによってほかの写真をより魅力的に見せる役割があります。人物のみのアルバムと比べると、格段に見やすいのもポイントです。

からだのパーツを撮ってアルバムに入れる理由として、顔や全身を撮った写真だけだと細かい部分がどうしても思い出しにくいというのがあります。手足の写真や親の手足と比べた写真なんか入れておくと、しっかりと思い出がよみがえってきていいものですよ。

お気に入りのオーボール

おもちゃの写真を入れる理由は、そのときのお気に入りのおもちゃが一目瞭然だからです。「このときは〇〇がお気に入りだったんだよ」と、アルバムを見ながら教えてあげられるのっていいですよね。

子供以外の人がうつった写真も選ぶ

かわいいわが子がずらーーーーーっと並んだアルバム、すてきですよね。でもですね、ワンパターンすぎて読むのに飽きる。

将来1番アルバムを読んでくれるだろう子どもの立場にもなってみましょう、自分だけうつっていてもあまり楽しくないん です(うれしいはうれしいですが)。

当時の若い父親や母親、おじいちゃんやおばあちゃんが小さい自分をどう扱っているかを見て楽しんでるんです。その写真を通して愛情をいっぱい感じてくれます。そして写真で見た思い出が本当の思い出だと記憶が塗りかえられていきます。一緒にうつってないと「いなかったの?」なんて悲しいことを言われたり・・・。

「自分がうつってるのは恥ずかしい」なんてどうかもったいないんで言わないでください、子どもにとって写真=思い出そのものなんです。ぜひ子どもと一緒の写真も選んでくださいね。

ありのままの背景の写真も選ぶ

物であふれた机

子どもがせっせと運んだ机の様子

「この写真いい表情!でも部屋が汚いから・・・」と選ばなかった写真ってないですか?ぜひとも選んでください!

なるべくきれいな背景で撮りたい気持ちは痛いほどわかります。インスタとかを見てみても、「ほんとに自宅!?」って思うくらいきれいに片付いたお部屋ばかりですもんね。ほんとすごい。

でもですね、全部きれいな壁もしくはシーツの上、全部きれいな部屋って、どうなのかなってわたしは思うんです。たくさんのいろんな人に見せる場合はきれいな写真のほうがいいとは思います、でもアルバムって基本的に「自分や家族が楽しむもの」ですよね。

写真の背景には、一生懸命に子どもを育てた環境がうつっていて、これはこれでいいものですよ。

構図が同じものはなるべく選ばない

縦撮りと横撮り

同じ構図(アングル)の写真って見ていて飽きるし、ネットでフォトブックを作る際に配置しずらいんです。同じ場面を撮るにしても、

たて撮り、よこ撮り
上から、下から、真正面から、ななめ後ろから
画面いっぱいに顔を入れて、全身を入れて、引きで風景を入れて

など、いろいろな角度から撮ったものを選ぶとアクティブなアルバムに仕上がります。

いろいろな方向から撮った写真

ただし、構図が同じといっても「連写で撮った表情違いのかわいい写真」や「連写で撮った動きのある写真」は、厳選して配置を工夫してぜひ入れるべきです。

最後に|面白い写真を選んでワンランク上のアルバムを作ろう

長々と書きましたが、あなたが「面白い」と思う写真を選んでください。

その上で、この7つのポイントが少しでもお役に立てたらうれしいかぎりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました