手縫いで簡単 子供が引っ掛けやすいループタオルの作り方2選

角と真ん中の2通り 手縫いで簡単に子供が引っ掛けやすいループタオルの作り方子育て
「簡単な縫い方を知りたい」
「子どもが引っ掛けやすいのがいい」
「角と真ん中、どっちの縫い方も気になる!」

入園準備で必ず準備しないといけないのがループ付きタオルですね。

ここでは、

  • にループをつける縫い方
  • 真ん中にループをつける縫い方

の2通りの縫い方を紹介します。

簡単に作って、子どもが使いやすいタオルを準備してあげましょう!

スポンサーリンク

必要なものは「フェイスタオル」と「紐」

ループタオルを作るために必要な材料はフェイスタオルと紐
・フェイスタオル:園の指定のサイズに従ってください、指定がなければ30×30cmくらいがおすすめ。
・ひも25cmくらい、今回は5mm幅のものを使いました。
・裁縫道具:ミシンでも手縫いでも(今回は手縫い)
真ん中縫いの人は、ボタンを1つ準備してください。

タオルに紐をつける簡単な付け方

園によってループをつける位置が違います。

ここでは、よくある「角」につける方法と、「真ん中」につける方法の2通りの縫い方を紹介しますね。

角(四隅)にループをつける

①ひもを結び、結び目をタオル側にして置く。

ループタオルの作り方 フェイスタオルに輪にした紐を置く

②タオルの端を4cm折り曲げる。

ループタオルの作り方 タオルを4cm折り曲げる

③3辺をひもの上からしっかりと縫う。

ループタオルの作り方 ひもの上からもしっかり縫う

④完成!

手縫いで作ったループタオルの縫い目

ループを真ん中につける

①タオルを四つ折りにする。

真ん中にループをつけるループタオルの作り方 フェイスタオルを四つ折りにするusi

1番好きな柄が前にくるように折ります。

②紐の端を結ぶ。

真ん中にループをつけるループタオルの作り方 紐の端を1cm出るようにして結ぶ

紐の端が1cm出るように結びます。ほどけてこないタイプの紐の場合は、結ばなくてもOK。

③紐をタオルの上にクロスさせて置く。

真ん中にループをつけるループタオルの作り方 四つ折りにしたタオルの上に、辺から1cmの場所で紐をクロスさせて置く

↑の写真のように、辺から1cmくらいの場所に置きます。

ボタンの大きさによって、クロスさせる場所は自由に変えて大丈夫です。

④布を広げて紐を4か所、8の字に縫う。

真ん中にループをつけるループタオルの作り方 紐を4か所縫う真ん中にループをつけるループタオルの作り方 紐を4か所縫う実際

8の字に2重に縫うと頑丈にできます。

ボタンで隠れる位置を縫うと見た目がバッチリ!

折りたたんだ布まで縫わないように注意してください。

⑤紐の上に重ねるようにして、ボタンをつけたら完成。

真ん中にループをつけるループタオルの作り方 ボタンを縫い付けて完成
どちらの縫い方も、手縫いで5分ほどでできました。

ループタオルを手縫いで作るメリット3つ

既製品との大きな違いが3つあります。

子どもがループを掛けやすい

大きなループタオルで子供がかけやすい

これが1番大きなメリットです!

入園した子どもの最初のお仕事は、自分のタオルをタオル掛けに掛けることです。

子供が掛けやすい 真ん中にループのある手作りのループタオル

ループが開いているので子ども自身が掛けやすく、「自分でできた!」と達成感が得られます

既製品のタオルのループは、子どもが掛けづらいことが多いです。ループが小さかったり、リボンになっていて開くのが難しい様子でした。

はりきってタオルを掛けに行く子どもの姿はかわいいです♪

ほかの友だちとタオルの柄がかぶらない

いろいろなデザインのタオル

既製品のタオルはイラストがかぶりやすいです。特に100均や近くのスーパーで買ったものは確実にかぶります

ただでさえ自分のものを見つけにくいのに、タオルまで同じだとトラブルの元です。

子どもの好きなフェイスタオルや、自宅に眠っているフェイスタオルを使って「これは自分の!」とわかりやすくしてあげるといいですね。

子どものわかりやすさが大事!

長持ちするタオルを選ぶことができる

2年使用した手作りのループタオル 頑丈

毎日使うタオル、思っている以上に痛むのが早いです。

わたしもはじめは100均のタオルを使っていましたが、すぐにボロボロになってしまいました…

頂き物でもらったタオルなど質のいいものを使うと、長持ちして使えますよ♪

↓手縫いで大きな服も簡単にリサイズできます!

最後に|手軽にオリジナルのループタオルを作ろう

手縫いで作ったループ付きタオル

保育園・幼稚園の子どもたちの清潔を保ってくれるループタオル。

とっても簡単なので、時間があれば作ってみてくださいね♪

↓やっぱり面倒…という方は、無理せず市販品に頼りましょう!ループが大きめでオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました