保育園準備にループタオルを手作りしよう!ポイントは子どもにとっての「掛けやすさ」

子育て
この記事は約3分で読めます。

保育園の入園準備で必ず準備しないといけないのが「ループ付きタオル」ですね。

今は既製品の種類が多く、作るのはちょっと大変そう…と思っちゃいますが手作りには

  • 子どもが掛けやすいループを付けられる
  • 子どもが自分のものとわかりやすい

といった大切なメリットがあります。

簡単に作って、子どもが使いやすいタオルを準備してあげましょう!

スポンサーリンク

入園準備に必須のループタオル

ループ付きタオル

保育園・幼稚園の子どもたちの清潔を毎日保ってくれる、必需品の「ループ付きタオル」。

入園のときに必ず準備しないといけない物品の1つですよね。

既製品を買って準備するのも手だと思うんですが、普通のフェイスタオルにひと手間かけてあげるだけで子どもの使い勝手がだいぶ違うみたいです。

手作りがおすすめの理由

子どもがループを掛けやすい

大きなループ

これが1番大きなメリットです!

子どもが保育園で最初に任せられるお仕事が「自分のタオルをタオル掛けに掛けること」です。

既製品のタオルはループが小さい、またはリボンになっているので子どもの手では開きづらいんです。

開かれた大きなループを付けることで子どもが自分で掛けやすく、「自分でできた!」と達成感が得られます

はりきってタオルを掛けに行く子どもの姿はかわいいです♪

ほかの友だちとタオルの柄がかぶりにくい

いろいろなデザインのタオル

既製品のタオルはイラストがかぶりやすく、とくに100均や近くのスーパーで買ったものは確実にかぶります…。みなさん考えることは一緒ってことですね!

集団生活でただでさえ自分のものを見つけにくいのに、タオルまで同じだとトラブルの元です。

子どもの好きなフェイスタオルや、自宅に眠っているフェイスタオルを使って「これは自分の!」とわかりやすくしてあげるといいですよ。

長持ちするタオルを選ぶことができる

毎日使うタオル、思っている以上に痛むのが早いです。

私もはじめは100均のタオルを使っていましたが、すぐにボロボロになってしまいました…

保育園や幼稚園の期間使うものなので、ある程度丈夫なタオルを用意したいですよね。

頂き物でもらったタオルなど質のいいものを使うと、長持ちして使えますよ♪

必要物品は「フェイスタオル」と「ひも」

フェイスタオルと紐
  • フェイスタオル:園の指定のサイズに従ってください、指定がなければ30×30cmくらいがおすすめです。
  • ひも25cmくらい、今回は5mm幅のものを使いました。
  • 裁縫道具:ミシンでも手縫いでも(ミシンを持っていないので今回は手縫いしました)

ループタオルの簡単な作り方

①ひもを結び、結び目をタオル側にして置く。

フェイスタオルに輪にした紐を置く

②タオルの端を4cm折り曲げる。

タオルを4cm折り曲げる

③3辺をひもの上からしっかりと縫う。

ひもの上からもしっかり縫う

④完成!手縫いで5分ほどでできました。

縫い終わり

最後に|手軽にオリジナルのループタオルを作ろう

保育園・幼稚園の子どもたちの清潔を保ってくれるループタオル。

子どもが使いやすいものを(時間があれば)作ってみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました