イヤイヤ期の子供の歯磨き対策!嫌がらない簡単な3つの方法

2歳3歳のイヤイヤ期の子供が嫌がらない歯磨き対策 簡単な3つのポイント子育て
「イヤイヤ期で歯磨きできない…」
「子供が嫌がらない方法が知りたい」
「自分から楽しんで磨いてくれたら嬉しい」

イヤイヤ期の子どもの歯磨き、苦労しますよね。

歯磨きできない日が増えると虫歯の心配もあり、イライラして子どもが余計嫌がるなんて悪循環も…。

・歯磨きセットを子どもの手が届くところに。
・ハミガキ粉を2種類準備する。
・タブレットを2種類準備する。

たったこれだけで、「自分から歯磨きしたがる」子どもに変身するかもしれません。

毎晩のイヤイヤ歯磨きから、自分から磨きたがる楽しい歯磨きに近づけてあげましょう!

子どもによって効果は個人差があると思います。でも簡単な準備だけなので、ぜひ試してみてください。
スポンサーリンク

なぜ子供は歯磨きしたがらないのか?

歯磨きしたがらないイヤイヤ期の2歳3歳

子どもが歯磨きしたがらない理由はいろいろあると思います。

でも「歯磨きが痛い」といった磨くこと自体がキライという場合以外だと、↓のような理由が考えられます。

・面白くないことを(面白くない歯磨きを)
・大人のペースで(自分はまだ遊びたいのに)
・させられる(強制的に磨かれる)

大人で考えると「大事な仕事をしている最中なのに、急にヤバイ仕事を上司に強制的にやらされる」感じです。めっちゃ嫌…。

なので↑の逆、

・ゲーム性:面白いことを
・自主性 :自分のペースで
・選択性 :自分で選べる

ことが大切になってきます。

↓0歳のはじめての歯ブラシはこれがおすすめ

2歳の子供が嫌がらない方法

自主性:「自分で」歯磨きを準備できるように置く

歯ブラシは子どもが取りやすい高さに仕舞うとよい

2歳になると「じぶんでやりたい!」気持ちが強くなってきます。

子どもが「いまやりたい!」と思ったときに子どもが自分で準備できるように、低い位置に歯磨きセットを置きましょう。

わが家は洗面台の空いたスペースに貼りつけてます。

セリアで買った「フィルムフック歯ブラシホルダー」が子供にもちょうどいい

ここに置くようにしたら、あんなに泣いて嫌がっていたのに、笑顔で持ってくるようになりました。

おすすめはセリアの「何度でも貼ってはがせる フィルムフック歯ブラシホルダー」。2個入りで110円。少し上を向いてるので落ちずに掛けやすいです。

選択性:「自分が」好きなハミガキ粉を選べるように用意する

ハミガキ嫌いな子には歯磨き粉を2種類用意する

「イヤイヤ期は選ばせるといい」ってよく聞きますよね、その手を使います。

味の違うハミガキ粉を2つ準備するだけ!これだけで全然違う!

大好きな歯磨き粉で大人しく歯を磨かれる3歳児

好きなほうを選べるっていうのが特別感があるようで、毎晩ワクワクしながら持ってきます。

その後の歯磨きもとてもスムーズです。

2種類のハミガキ粉を用意して選ばせてあげよう!

↓泡立ちにくいので磨きやすいです、初めてのハミガキ粉にぴったり。目を離すと吸ってるくらいウケがいいお味っす。

3歳の子供が進んで磨きたがる方法

ゲーム性:歯磨き後のごほうびに「楽しさ」を用意する

歯磨き後のごほうびにタブレットを賭けたジャンケンをすると喜ぶ

タブレットを2種類用意して、歯磨きの後にジャンケンします。

勝ったらぶどう味、負けたらイチゴ味など決めておくことで、子どもの中で「歯磨きしたら楽しいゲームが待ってる」と思って歯磨きをスムーズに進められます。

ジャンケンじゃなくてもいいですが、なにも準備がいらないので大人が楽です。先に「めざましテレビ」でジャンケンを経験させておくと、勝ち負けがよくわからない子どもでもノリで楽しめます。

歯磨き後のご褒美タブレット

1歳半くらいから食べさせてますが、子どもの食いつきがすごいです。

タブレットもいくつかメーカーを試したんですが、味もキシリトールが含まれる量もたいして差はなかったですよ。

↓わが家はコンビのイチゴ・ぶどう味がお気に入り。

5~600円で95粒も入ってるので良き!1回あたり5~6円で楽に磨けます☆

最後に|歯磨きは楽しく「選ばせる」&「やらせる」で対策を

たった3つをしてあげるだけで、歯磨きを自分からしたがるようになりました。

個人差はあると思いますが全部用意しても1500円くらい、試してみる価値ありです!

イヤイヤ期の歯磨き、一緒にがんばりましょう。

↓イヤイヤ期のトイトレ。めっちゃ洗いやすい&お尻拭きやすくておすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました