目隠しフィルムを貼るために必要な道具を施工のコツと合わせて紹介

窓用目隠しフィルム(シート)を貼るために必要な道具を施工のコツと合わせて紹介家とDIY
「窓フィルムを貼るのに必要な道具を知りたい」
「うまく貼るコツは?」
窓のフィルムを貼ろうと思っても、なにを準備したらいいかわからないですよね。
  • 必要な道具を準備する
  • 窓をしっかり掃除しておく
  • コツを知っておく

これらを知っているのと知らないのとでは、仕上がりが大違いです。

簡単&キレイに貼れますよ!

スポンサーリンク

「外から見えない」目隠しシートを貼りたい

カーテンを開けられない窓

開けたらお隣さんのお庭で、申し訳なくて開けられない窓です。

  • 目隠ししたい。
  • 夜も外から見えないようにしたい。
  • 日光は入れたい。
  • CDの反射光から守りたい。

そんな理由で目隠しシートを貼ろうと決めました。カーテンもいらなくなってハッピーです。

必要な道具

目隠し用に買ったDUOFIRE 窓用フィルムめかくしシート

目隠しシートを貼るために必要な道具 L字定規、マジック、ハサミ、スプレー、中性洗剤、マスキングテープ、新聞紙、タオル

あると絶対に便利↓

目隠しフィルムを貼る前の準備

フィルムが上手く貼れるかどうかは、準備にかかっています。いきなり貼らずに、しっかりコツをつかんでから貼っていきましょう。

貼る前の準備がとっても大事!

↓今回貼ったフィルムはこちら

癖を取る

①大きめにフィルムを切る

窓のフィルムはすぐに貼らずに一晩癖を取ると貼りやすい

窓よりも1~2cm大きめにフィルムを切ります。切り口が窓の短い辺になるようにしてください。

短い辺を切ることで、後からカットが楽になります。

②マスキングテープで貼りつける

マスキングテープで窓フィルムを留める

フィルムを裏にして、一晩マスキングテープで留めておきます。テキトーで大丈夫です。

シーリング用のマステは、普通のマステと比べて糊が残りにくいです。100均よりも安い&質がいいので、DIYする人は買っておくと何かと使えます!

裏面に印をつける

①フィルムの長辺を窓に合わせる

窓フィルムの長辺を1辺だけ窓枠内にそろえる

ピンと張って、マステで留めます。

目隠しシートを貼りたい窓の端にゴムがある場合は避けて貼る

ゴムがある場合は被せないように気をつけてください。剥がれます。

②マジックで1mm内側にマーキング

目隠しシートにマジックでマーキングする

3辺に対して、窓枠より1mm内側に印をつけます。

「大きめに貼って、最後にカッターで切る」という説明が多いですが、素人がするとフィルムの柔らかさでぐにゃっとなります。

無理に切ろうとすると窓に傷が入ります。先に切ることを強くオススメします。

③L字定規で線をつなぐ

窓フィルムにカット用の印を差し金でつける

L字定規を使うことで、完ぺきに直角を出すことができます。ななめにならないように注意してください。

定規と言えばシンワ製!黒地に白文字でとても見やすくお気に入り、DIYの必需品です。

カットする

窓フィルムのカット 利き手側に貼る方のフィルムを持つようにするとマーキングの印を綺麗に切り落とせる

利き手側に貼るフィルムを持って、ハサミで切ります。

利き手側に持つことで、マジック線をしっかり見ながら切り落とせます。

1mmゆとりを持って切るとOK!

窓まわりを保護する

窓フィルムを貼る前に窓周りと下をタオルと新聞紙で保護する

貼るときに「これでもか!」と水をスプレーするので、

  • 窓の下のレール
  • 窓の周り

をしっかり保護します。

レールに水が入らないように、タオルを詰め込んでおこう!

窓の表面を掃除する

①クレセント受けを外す

窓フィルムを貼る際はクレセント受けを外した方が貼りやすい

貼るときに邪魔になるので、左窓についているクレセント受けは外します。

プラスドライバーで簡単に取れましたが、難しい場合は取らなくても貼ることはできます。

②全力で窓の表面を掃除する

窓掃除道具

掃除さえしっかりすれば、フィルム貼りはほぼ成功です。逆を言うと、掃除がテキトーだと綺麗に貼れません。

  • ガラス面を磨き上げる。
  • 汚れは削り取る。
  • けば立たないタオルで拭きあげる。

目隠しフィルムを貼る

窓にスプレーする

窓に水500ml+中性洗剤2~3滴入れたスプレーを吹き付ける

霧吹きは100均のもので大丈夫です。水500mlに中性洗剤(食器洗剤)を2~3滴入れたものを使います。

「これはさすがに多すぎじゃ…」というくらい吹き付けます。フィルムを置いたときに潤滑剤となるので、水分が少ないと悲惨な目に合います。

作るのが不安な人は、フィルム屋さんの専用スプレーがオススメ。調合ミスがなく失敗がないです。

保護フィルムを剥ぐ

窓フィルムの保護フィルムの外し方

フィルムを持つ人と保護フィルムを外す人、2人でするのがオススメ!

静電気で自分に貼りついてきます。

保護フィルムが外しづらいので、↑の図のようにセロテープで外しましょう。

フィルムを貼りつける

①ガラス面に貼りつける

窓用フィルムを貼りつける様子

洗剤のおかげで滑るので、位置はだいたいで大丈夫!

手早く貼りつけないと埃が入りこみます。

貼る前に、剥いだフィルム面にもスプレーする方が綺麗に貼れます。今回はガラスにしっかりスプレーしたので省略!

②フィルムを滑らせて四隅を合わせる

目隠しシートを窓に貼りつける際は、まずしわを伸ばして窓の四隅に合わせる

しわにならないように広げて、フィルムの位置を揃えます。

中心から外へ水と気泡を出す

①フィルムの上からスプレーする

窓用フィルムを貼る際はフィルムの上からスプレーすると気泡や水を抜きやすい

今度はフィルムの上からスプレーします。

スプレーすると摩擦が減り、水や空気が抜きやすい!

②スキージー(ヘラなど)で押し出す

窓フィルムは内側から外側へ水と気泡を押し出す

真ん中から外側へ押し出していきます。

窓フィルムは水と気泡を抜く

スキージーが手元になかったので、L字定規でしました。何度も入念に繰り返します。

意外とイケましたが、専用のスキージーがあるとより押し出しやすいです。

端の水分を吸い取る

窓フィルムを貼り終わった後は、隅の水分を吸い取らないと剥げてくる

最後に端に残った水分を吸い取ります。

水分が残ったままだと、端から剥がれてきたりするので注意!

完成

目隠しシートを貼った窓

最後に|道具を準備をすれば施工は簡単

カーテンの代わりに目隠しシートをつけたビフォーアフター

しっかり準備さえすれば、フィルムを貼るのは簡単です。

目隠しシートを貼って、スッキリ気持ちよく過ごしてくださいね。

今回貼ったフィルムの見え方や活躍については、こちらで紹介しています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました