こたつテーブルで離乳食!赤ちゃん・子供の椅子のおすすめ

離乳食をこたつ机で!赤ちゃん・子ども用の椅子のおすすめ子育て
この記事は約9分で読めます。
「こたつ机での離乳食、椅子はどうしよう」
「豆椅子はまだ早いかな…」
「吊り下げるタイプはどうだろう」
家族がこたつ机でご飯を食べてるなら、赤ちゃんも一緒の机で食べたいなぁと思いますよね。

調べたところ、こたつで食事を食べられる椅子の候補は4つ、

・バンボ
・テーブルチェア(吊り下げタイプ)
・ローチェア
・豆椅子

わたしのおすすめは豆椅子です。

ぴったりの椅子を見つけて、家族みんなでそろってご飯を食べちゃいましょう!
スポンサーリンク

バンボは離乳食初期は使いやすい

バンボに座る生後6か月の赤ちゃん

バンボをすでに持っているなら、焦って椅子を買いに行くことはないです。腰が据わりきれなくてもバンボがあれば安定して座れるので、しばらくは使えそうです。

ただ、わが家は子どもが大きめだったので、生後6か月で↑のようにムッチムチ状態(赤ちゃん本舗のイベントで座ってみた)。

成長スピードにもよりますが、わざわざ離乳食のために買う必要はないと思います。そもそもバンボではこたつ机に届きません…。

バンボユーザーはバンボ→豆椅子がおすすめ
↓離乳食作りに必要なグッズについてはこちら

テーブルチェア(吊り下げるタイプ)はひっくり返る危険あり


第一候補はこれでした!机の天板にはさみ込んで固定するイスです。

  • ちょっとお高めの「イングリッシーナ」
  • 手頃な値段の「カトージ」

の2つで本気で悩んでいましたが、こたつに使うのはハイリスクだと気づきました。

・子どもの重さで天板が動き、ひっくり返る。
・こたつ布団を入れると滑るので使えない。
・天板の裏側が平らじゃないから装着できない可能性がある。
・そもそも公式に「座卓は足がついて危ないからダメ」と書いてある。
…など、ケガをしたら大変なので諦めました。普通のダイニングテーブルだったら迷わず買ってたなぁ。

ローチェアは大和屋がおすすめ

吊り下げがダメとなると、床に置く椅子が候補になってきます。口コミがよく、形もかわいい大和屋を買おうと思っていました。

付属の机は、後ろにまわしても使えるみたいなのでこたつ机にぴったりです。

…と買う気満々だったのですが、とりあえず「豆椅子」を買ってみました。

わが家が選んだのは豆椅子

↑買った当日、生後7か月の様子

豆イスをおすすめする理由

・とにかく安い
・離乳食初期には使えなくても、そのうち使える時がくる

豆椅子はとにかく安いです、1000円前後じゃないでしょうか?

もし「今は」使えなくても、そのうち必ず使えます。ダメ元で買ってみて、使えたらラッキー!まだ無理そうだったらもう少し後で…ができるのがいいです。

1歳をすぎると安定して座れるようになりました

ハンカチで豆椅子に簡単なベルトをつける方法

豆椅子にハンカチでベルトをつける

離乳食中の赤ちゃんはまだしっかり座れなくて、豆椅子だと安定が悪いです。そこで登場するのがフツーのハンカチ!(1辺40cmちょっとのを使っていました)

豆椅子にハンカチの角をくくる

①豆椅子の座面の奥のポールにハンカチの角を結ぶ

子供を乗せ足の間からハンカチを出す

②赤ちゃんをハンカチの上に乗せ、足の間から出す

ハンカチを後ろに回し縛る

③ハンカチの角を後ろにまわし、結ぶ

豆椅子ベルトの完成

④完成!

イスに結んで股を通して結んであげると、いい感じに固定されてバッチリ☆お腹まわりは締めつけないので嫌がらずに座ってくれます。

7か月くらいから豆椅子+ハンカチ、1歳過ぎて座るのが上手になったら豆椅子オンリーがいいと思います。

最後に|家族みんなでこたつで食事を楽しもう

豆椅子だったら失敗はないし、今使えなくてももう少し大きくなったら使えるので選びました。わたしは離乳食初期は抱っこであげてたし、いそいで買うことはないですよ。

結果は大成功、3歳になりますが毎日使っています。悩んでる人はとりあえず豆椅子を買ってみるのをおすすめします。

↓こたつと相性抜群!ジョイントマットについてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました