立ち会い出産で男性にできること、妻が本当に夫にしてほしい9のこと

この記事は約6分で読めます。
・立ち合い出産前の心構えを知りたい
・やった方がいいこと、やってはいけないことを知りたい
・そもそも立ち合いしようか悩んでいる

そんな悩みを持った、優しい旦那さん。

「出産では男性は無力」と言われますが、だからといって何もできないわけじゃありません!

あなたにしかできないことを、出産を経験した看護師目線からお伝えします。

昔からよく言いますが、出産前後にされた嫌なことって一生忘れません。

逆を言うと、出産前後で助けてくれたこともずっと忘れずに覚えています

出産はうまくいけば、夫婦の絆を強くできるボーナスステージ
スポンサーリンク

陣痛とは?

赤ちゃんを体の外に出すために子宮の筋肉が収縮する動きのことです。

収縮するときに激しい痛みを伴いますが、ずっと痛いわけではなく収縮弛緩をくり返していきます。

はじめの内は痛みはそれほど強くないですが、痛みは少しずつ強く長くなっていきます

陣痛出産、なにがどう辛いの?

陣痛がはじまってしばらくたつと、奥さんは数分おきにとんでもない痛みに襲われます(私の場合はトラックが腰に突っこんでくるような痛みでした)。

そして陣痛が進んでくると、痛みに加えさらにいきみたいのを必死に堪えないといけません。

例えるなら、

満員電車でお腹を下して今すぐにでもトイレに駆け込みたいのに、途中下車は許されず目的地がどこでいつ着くかもわからない。漏らすことも許されない…

みたいな感じです。絶望的ですね!

私の出産のときは夫とたまたま居合わせた実母が付き添ってくれました。この2人には感謝しかないです。

恐怖を感じるレベルでとにかく痛い。

陣痛中〜出産直前までにするべきこと

無駄に話しかけない

修羅場の中で、余計なことを話しかけちゃダメです。

間違っても和ませようと冗談を言ったりなんかはしないでくださいね、「なに言ってんだこいつは…!!」と言葉には出ませんが殺意がわきます。

声掛けをする時は「はい」か「いいえ」で答えられる質問にすること

飲み物を飲ませる

リクライニングや寝ている姿勢で、飲み物を飲むのは難しいです。

100均でペットボトルのストローキャップをあらかじめ用意して(使えるか確認も大切!使えないと悲惨です)、奥さんの口元に運んであげましょう

「飲みたい」と言われたら素早くです、飲みたいと言ったその瞬間しか飲めないのです…。

気分は敏腕マネージャー!よろしくお願いします!

言われる場所をさする

陣痛はじめ〜中頃にかけて、奥さんが好む場所をさすってあげてください

人や陣痛の進みによってさする場所は変わります(赤ちゃんが出口に進むにつれて痛む場所は下がってくるため)が、だいたいはお腹になるかと思います。

ただし、陣痛中は上でも書いた通り修羅場です。奥さんは手負いの獣になっています。

私は陣痛中に実母に足をさすられてブチ切れました(←動きを抑制されたくなかった)。

さすってほしい場所を伝える余裕もないので、どうにかいいところを見つけてあげてください

とっっっても励みになる&少し痛みが和らぎます。

尾骨を押す

あなたの筋肉(ちから)の見せどころです!

陣痛中頃〜終盤にかけて、テニスボールでも拳でもなんでもいいので尾骨をあらん限りの力で押してください

私の時は母と夫が、全力で腰さすり&尾骨押しをしてくれました。もう一度書きます、全力です

特にこの尾骨押し、私はこれがなかったら出産を乗り越えられなかったと思います(汗)。

赤ちゃんが降りてくると陣痛の発作に合わせて、尾骨に圧がかかって激痛が走ります。

数分おきに必ず来る、この上なく恐怖の時間でした。

赤ちゃんからの圧に負けないように1点集中で押してください

人によっては「効かなかった」という方もいましたが、私には絶大な効果がありました。

コツ肛門の気持ち上(尾骨)を、正中線からずれない方向にまっすぐに力のベクトルは頭方向です。

なんか違えば奥さんから「ちがう!!!」と怒号が飛ぶと思いますが、怒らず焦らずに要求に答える努力をしてあげてください

私は「ベクトル上ぇ゛!!!」と叫びました(笑)。

出産前に2人で確認しておくと手際は段違いにいいです、夫は看護師さんに「完ぺきな手際」と褒められました。

臭いのする物を食べない・飲まない

立ち会い出産の場合、旦那さんは奥さんの頭側で出産の時を待つことが多いです。

臭いがするとですね、「私はこんなに死にそうに頑張ってるのに、こいつ(←失礼)は餃子食べやがったな…!!」みたいな気持ちになります。気をつけてあげてください。

寝ない

陣痛がはじまり病院に到着したら、寝ちゃダメです。

え?と思った方、酷なことを言いますが、奥さんは文字通り命がけで出産に臨んでいます。

陣痛で苦しんでる真横でぐっすり眠られた日には、正直夫婦関係にヒビどころの騒ぎではないです

だからといって別室でぐっすりなんてのもダメです、命がけの人を1人にしないでください心細いんです…。

24時間くらいはどうか徹夜で頑張ってください、それを越えると奥さんも疲れ果てて陣痛の合間の数分間は寝てしまうので、その時に一緒に寝落ちしてください。

ベストは陣痛が弱い間に(奥さんがしゃべれる内は大丈夫!)寝ておくことですね。

先に奥さんが入院になってる場合は、病院にかけつける前にちょっと仮眠して行くのもアリだと思います。

間違えても奥さんのとなりで爆睡しないでくださいね。

スマホを触らない

絶対に奥さんの視界に入る場所で触らないでください、絶対です。

ゲームなんてしてる日には叩き割ってやろうか!!って気持ちになります。

奥さんが助産師さんから内診(お産の進み具合を診る)を受ける時は部屋から出ると思うので、その時間だけ触ってくださいね

出産後にするべきこと

労りの言葉をかける

「がんばってくれてありがとう」「赤ちゃんかわいいね」などなんでもいいです。

母体を気遣う気持ちと、赤ちゃんに会えてうれしい気持ちを言葉にして伝えてあげてください。

そう言ってもらえると「この人と一緒にがんばっていこう」と思えます。

ビデオ・写真を撮る

奥さんは産後しばらくはベットから動けません。

産まれたてホヤホヤの赤ちゃんを、どうか記録に残してあげてくださいね。

最後に|産前産後の恨みは一生、感謝も一生

立ち会い出産は壮絶ですが、恨まれるも感謝されるもあなた次第です。

上で書いた9つのことを予備知識として持ってるだけで、あなたの立ち回りはだいぶ違ってくるはずです。

ただし個人差があるので、目の前の奥さんの言葉や様子に従ってください

少しでもお役に立てたらうれしいです、がんばってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました