お湯で溶くだけベビーフード!離乳食開始・初期におすすめ3選

離乳食の一例子育て
この記事は約10分で読めます。
「離乳食を作るのが不安」
「簡単に作れるベビーフードが知りたい」
「できれば裏ごし作業したくない」
「お湯で溶く離乳食ってどうなんだろう?」

赤ちゃん育児で大変だと思うこと、当社比1位は離乳食作りです。

特に離乳食のスタートのときは、10分粥スプーン1杯やら裏ごしやら手間がかかる作業がたくさんあって…正直やってられん!!難しい!!

ここではそんな手間から解放してくれる、神のベビーフードを3つ紹介していきます。

この3つさえあれば最初の2週間はやっていけます、とにかく楽で味も良しです。

スポンサーリンク

ベビーフードに罪悪感を感じますか?

離乳食は手作りが1番?答えはNO!

「愛しいわが子のはじめての離乳食、ちょっといいお米とお水を買って作ろう♪」

と、誰でもそう考えますよね。わたしも最初は思いました。

でも調べていくと、最初に食べる10倍粥はほぼお湯。お湯のお粥を裏ごしして、食べる量はスプーン1杯。1杯…?

うん、私には無理☆と一瞬で諦めました。

だってスプーン1杯ですよ…清潔を保ちながら毎回少しの量を作るのは厳しいと思いました。

「ベビーフードだと赤ちゃんがかわいそう」と昔は言われることが多かったようですが、赤ちゃんには手作りだろうが、市販品だろうが関係ありません

1番大切なのは親が無理せず余裕があること、これに勝るものはありません!!

親に余裕があるのが1番大切、無理はよくない

プロの作った離乳食はおいしい

そうなんです、ベビーフードって離乳食の専門家たちが考えて考えてできあがったものなんです。

味気ない?体に悪い?愛情が伝わらない?

んなことない!

味は素朴でおいしかったし、食べまくったわが子は今(3歳)元気で健康だし、愛情はマシマシじゃ!

便利なベビーフード3選

【赤ちゃんのおかゆ 白米 貝カルシウム入り 90g】

赤ちゃん本舗 あかちゃんのおかゆ

実はウザがられてるんじゃないかと思うほど、オススメしてまわっている商品。

アカチャンホンポのオリジナル商品で、

  • 新潟産コシヒカリ100%使用
  • お湯の量を調節することによって、月齢に適したおかゆが作れるといった簡単おかゆ

味はほんのーりと甘く、お米のお味でお湯で溶かすだけでできるんです!

とくに離乳食初期は、必要なおかゆの量が少ないので重宝しました。

2袋使い切るころには離乳食中期になり、5分粥デビューしてお鍋でコトコト。
1度も裏ごしせずにすみました。(他の食材も裏ごしはせず、すり鉢で乗り切りました)

なんと1袋たったの200円!心のゆとり、プライスレス!

チャック付きなので保存も便利☆

リンクは一応貼りますが、赤ちゃん本舗で直接買ったほうが絶対安いのでお店で買ってね。(倍以上します)

 

【大望の野菜フレーク】シリーズ

大望 野菜フレーク

こちらもオススメしまくっている商品。

離乳食初期のおかず作りも、頭を悩ませる作業ですよね。ラクしていいんです!

  • 北海道産野菜100%使用
  • 水分を加えるだけで裏ごし野菜

このシリーズは、かぼちゃとうもろこしにんじんじゃがいも4種類が5種類が出ています。

インカのめざめ(甘くて有名なじゃがいも)が増えていました

お湯をそそげば、素材をギュッと凝縮した濃厚なお味。おいしい。
これに粉ミルクを加えれば、あっという間にポタージュスープの完成です!

私は、かぼちゃととうもろこしを愛用していました。(裏ごしが大変そうだから)

アカチャンホンポや北海道物産展でも手に入ります。

60gで500円ほどで正直お高いですが、それ以上の価値はありますよ。

 

【和光堂 たっぷり手作り応援 とろみのもと 徳用】

上の2つだけでは、離乳食初期の赤ちゃんは食べられません、とろみをつける必要があります。

出典:和光堂 とろみのもとより

正直種類はなんでもいいと思います。

片栗粉でもとろみは付きますが、水で溶いたり加熱が必要だったりと非常に手間です。

このとろみのもとは、水溶きや加熱がいらないので簡単に使えました!

離乳食初期は、離乳食用のとろみのもとをおすすめします

最後に|ベビーフードで便利で簡単に

紹介したベビーフードで、2週間はやっていけます。その後もいろんな食材と混ぜて使ったりできたので、長い間役に立ちました。

まだまだ赤ちゃんのお世話に追われるこの時期、上手にベビーフードを利用して、赤ちゃんとのステキな時間をお過ごしくださいね。

↓離乳食作りの道具についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました