【お手入れ】電動鼻吸い器のおすすめはピジョン一択!【簡単】

鼻吸い器は育児の必需品!お手入れ簡単・吸いやすいおすすめはピジョン子育て
この記事は約11分で読めます。
「赤ちゃんに鼻吸い器が必要か悩んでる」
「お手入れが簡単なのがいい」
「電動はメルシーポット?ピジョン?」

手動タイプと電動タイプの鼻吸い器を両方使ってみて、どちらが良かったか、そして電動の中でも特に「手入れの簡単さ」に特化したピジョンについてお伝えします。

子供の長引く鼻水を見ても「あらあら吸いましょうかね~♪」と気楽に吸うことができて、掃除も超簡単☆わが家の大切な病気のお供です。

スポンサーリンク

鼻吸い器が赤ちゃんに必要な理由

赤ちゃんは鼻をかめない

大人だと簡単にできる鼻をかむという動作ですが、小さい子どもにとってはなかなか難しいですよね。

ティッシュでぬぐってもどんどん出てくる鼻水のせいで息苦しそうだったり、鼻の周りが赤くなったり…

赤ちゃんだと授乳がうまくいかなかったり、眠れなかったりといった原因にも。

中耳炎のリスクが上がる

耳と鼻は奥のほうでつながっています。

赤ちゃんは耳の管が大人に比べて短いため、鼻水が多くなると耳に流れ込みやすい構造になっています。

鼻水にはいろいろな菌が混じっており、耳に流れ込むと中耳炎を起こす原因になるので鼻水はこまめに取ってあげたほうがいいんです。

保育園に通い始めるとずっと感染症

保育園に行きはじめると「これが保育園の洗礼か・・・!」と頭を抱えるくらい病気をもらってきました。常にぐじゅぐじゅ、じゅぴじゅぴでかわいそう。

保育園に入る予定があるor入って病気三昧なうな場合は、まず買って損はないです。鼻水を取ってもらうためだけに病院に行くよりも、家に鼻吸い器があるほうが断然ラクです。

手動タイプは息が続かない&大人に風邪がうつる

ピジョンの鼻吸い器お鼻すっきり

はじめはとりあえずという気持ちで「ピジョン/鼻吸い器お鼻すっきり」を買ってみました。お値段も数百円とお安いですし、これで吸えるならお財布的にも万々歳☆と思ったんです。

まず赤ちゃんを動かないように抑えて、ホースを口にくわえて、ノズルを鼻に固定してそのまま吸う………息が続かない!!!

肺活量が足りない!!

いざ使ってみると赤ちゃんはギャン泣きで私は酸欠でゼハゼハで、地獄でした

そして鼻水は逆流しないとは言っても、もれなく菌は吸い込むことになります。最悪口に入ります。

看護師なのに盲点でした…酸欠になるわ菌はもらうわでひどい目にあいました。(肺活量と免疫力に自信のある方にはとてもおすすめです)

なので手動タイプは1度使ったきりでお蔵入りになってしまいました。

手動タイプは親ももれなく風邪うつる

ハンディタイプの電動は吸引力が少し弱い

コンセントの場所を考えずに吸えるのはいいなと思いました、旅行先にも持っていきやすいですし。

しかしハンディタイプは設置型に比べて、吸引力が少し劣るんです。

・ハンディタイプは-60kPa前後
・設置型は-80kPa前後(当社調べ)

せっかく買うなら強く吸えるほうがいいなと思い、設置型に決めました。それとマメでない私の場合、電池切れがよく起こりそう…ということで見送りました。

おすすめの電動タイプは「ピジョン 電動鼻吸い器」

ピジョンの電動鼻吸い器の中身

会う人みんなにオススメしてまわっている商品です。

洗う部品はたったの4つでお手入れラクラク!

手のひらサイズの鼻水キャッチャー
鼻水キャッチャーを分解すると部品が4つ

これに敵うメリットはありません!もう本当に楽!

鼻水を吸うたびにホースまで洗うのなんて考えるだけでイヤだったので、なるべく吸引力があってお手入れが楽なものを探しました。

「ピジョン 電動鼻吸い器」は、鼻水をキャッチしてくれる部品(手のひらサイズ/計4個)を洗うだけ!

片づけが楽なので気軽に使う気になります。

キャッチ部分に返しがついているので、まずホースの部分に流れ込みません。(あまりにも大量の場合は流れるそうですが、わが家は経験なしです)

オススメです!!

はめ込むだけで使い方が簡単

鼻水キャッチャーを手に持つ

洗う部品がキャッチ部分だけなので、次に使う時は

①キャッチ部分を組み立てる
②ホースにつなぐ
③ダイヤルを回す、の3ステップで可能!たったの10秒!

部品が多いと使うための組み立ても大変ですがこれはとても簡単、思わぬメリットでした。

コンパクトで場所を取らない

収納バックにコンパクトにしまっている

はじめて見た時の感想は「思ったより小さいな〜」でした。

サイズは幅12.2 × 奥行13.3 × 高さ13.9cm

収納バックもついているので普段は戸棚にしまって、使うときはサッと出せて便利です。

あえて欠点をあげるとすれば…?

メルシーポットと比較:吸引力は2番手

調べた中で1番吸引力が強かったのは「ベビースマイル メルシーポット」で、-83kPaでした。私が調べられなかっただけで、もっと強いものがあったらスミマセン!

「ピジョン 電動鼻吸い器」が-80kPaなので誤差の範囲かとは思いますが、1番強いのを買うんじゃ〜って方には不向きかもしれません。

今のところ吸引力にまったく不満はないです、よく吸ってくれます。

ダイヤルでの微調整はあまりできない

吸引力調整

私の主観で申し訳ないのですが、ちょっと回しても全開に回してもそれほど吸引力は変わりない気がします。一応-30〜-80kPaの調整ができるみたいですが、体感的には-70〜-80kPaです。

吸引するときはMAXで使うんでまったく問題ではないですが、微調整したい!って方だと不満かもしれません。

最後に|大人も使えておすすめです

1万円超とお高いですが、すごくおすすめです。ノズルの大きさが2種類あるので、大きくなっても(大人も!)使えますよ。

私も花粉症で鼻水がひどいときに使ってみたんですが、吸われる感じがおもしろかったです(笑)。

鼻水がよく出る・保育園に通う予定があるご家庭の方はぜひご検討ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました