出産準備はなにが必要?最低限のリスト一覧【赤ちゃん物品】③/3

赤ちゃん用物品(肌着&洋服以外)妊娠/出産
この記事は約12分で読めます。
「出産準備なにを準備したらいいかわからない」
「最低限いるものが知りたい」
「そもそも何がなんなのかわからない」

出産に向けて買わなければいけないものって多すぎる!お店でもらう一覧の通りに買うと、ざっと計算するだけでも20万円…そんなに買えんわ!

実は絶対に買わなきゃいけないものって意外と少ないんです。

ここでは生まれてくる赤ちゃんの洋服以外のもので、確実に使うもの・最低限いるものを書いていきます。これだけあれば、赤ちゃんをお家に迎えられますよ♪

スポンサーリンク

出産前に買っておいたほうがいいもの

オムツSSサイズ(新生児サイズ)1パック

SSサイズのオムツ

赤ちゃんの生まれてくる大きさによっては、すぐにサイズアウトしてしまうので大量買いは注意が必要です

とくにSS・Sサイズの期間は成長スピードが早いので、なるべくその都度買うようにしましょう。

娘は2300gと少し小さめに生まれたので、しばらく使うだろうと6パック買いましたが、半分は余らせてしまいました…

生後2ヶ月5㌔前でのサイズアウトでした、その子の体型によっても変わってきますので参考までに。

お尻拭き1個

コストコのお尻拭き

こちらも退院直後から使うようになるので買っておきましょう。

赤ちゃんの肌に合う合わない、使いやすさなどがあるかもしれないのでとりあえず1個としました。

私は評判のいいコストコの「ベビーワイプ(Baby Wipes)」1箱(9個入り)を用意しました、1枚が大きくて厚みがありヘビロテしています。

追記:3歳現在も使用中です、手放せない…

ガーゼ10枚

沐浴や授乳など、なにかと使うことが多いです。

とりあえず買っておくと便利ですよ。

赤ちゃん用の爪切り

赤ちゃん用爪切り

産まれたばかりの赤ちゃんは、お腹の中で爪が伸びていることが多いです。

切ってあげたいけど手持ちがない…となると引っ掻いたりしてケガのもとなので、用意しておいてあげましょう。(入院中は助産院でも借りられるとは思いますが)

買うときは必ず赤ちゃん用のものを買いましょう。赤ちゃんの爪はびっくりするほど小さく薄いんで、大人と同じものを使うと危ないです。

硬めの敷布団

私は赤ちゃん布団のセットを買いましたが、正直なところ赤ちゃん用は敷布団だけでよかったなぁと思います。

大きさは寝室の環境にあわせて赤ちゃん用でも大人用でもいいですが、今ならきっと大人用の硬めを買うなぁ…。

1歳くらいになると大きさが足りなくなるんで、もったいないんです。

窒息の原因になるので、敷布団は必ず硬め

沐浴剤

生まれたばかりの赤ちゃんはからだの抵抗力が低いため、1か月間は沐浴をする必要があります。

洗い流しがいらないため、私は泡タイプではなくスキナベーブの沐浴剤を使いました。使いやすかったです。

ベビーバス

わが家は洗面台を磨き上げて沐浴をしたので買いませんでしたが、そうでない方はなにかしら用意しましょう。

  • 膨らますタイプ:場所をとらずに片付けOK、やわらかいので手を固定しづらい
  • 桶タイプ:場所をとるが、おもちゃ入れにして再利用したりできる

どちらもメリット・デメリットありますが、お好みでいいと思います!

ベビーシート/チャイルドシート

産院から車で帰る場合は必ず用意しておきましょう!

お値段はピンキリですが、新生児から使えるものであれば好きなものを選んで大丈夫です。

ただし安全であることは必須なので、安全なシートの選び方については下記の記事をどうぞ。

ベビー綿棒1個

赤ちゃん用綿棒
左:ベビー用綿棒 右:普通の綿棒 大きさ比較

おへその処置や浣腸などに使うので買っておきましょう。100均で十分です!

退院の帰り道に買うべきものは「哺乳瓶」と「粉ミルク」

なぜ「哺乳瓶」と「粉ミルク」は事前に買わないほうがいいの?

哺乳瓶とミルク缶

ミルク缶、哺乳瓶、消毒物品、哺乳瓶用ブラシ、乳頭用ブラシ…ミルク関係の買い物はたくさんありますが、哺乳瓶」と「粉ミルクは退院の時に買うのがいいと思います。

なぜかというと生まれたばかりの赤ちゃんは吸うのが下手なことが多く、産院で慣れたミルクや哺乳瓶のほうが吸い付きがイイ!

授乳の様子を見て看護師さんが哺乳瓶や乳首の選び方のアドバイスしてくれることもあり、それらを聞いてから買うと安心感がありますよ。

娘は小さめで吸う力が弱かったので「飲みやすいタイプの乳首がいいだろう」と教えてもらいました。

産院に出入りしている業者の人からいろいろとサンプルでもらえることもあるので、アンテナを立てておきましょう♪

「哺乳瓶用のブラシ」は100均で買っておこう

哺乳瓶の乳首ブラシ

わざわざ専門店で高いお金を出して買う必要はありません!

100均で買って、買い替えの回数を増やしたほうが清潔に使うことができます

「消毒物品」は電子レンジタイプが楽!

電子レンジ消毒

私ははじめは薬剤につけるタイプを使っていましたが、薬剤の準備を1日1回するのが途中で面倒になってしまいました。

「電子レンジなんて文明の利器、使ってたまるか…!」となぜか思っていましたが、使ってみると圧倒的に楽でした(汗)。

1本消毒タイプが使い勝手がよく省スペースでおすすめです。

煮沸は…悪いこと言わないんで絶対やめたほうがいいです。わざわざ育児の難易度を上げる必要はないです、文明の利器に頼りましょう!!

わたしが産後に買い足したのは「調乳ポット」

出産して唯一買い足したものが「コンビ/調乳じょ~ず」です。

70℃で保温してくれるので人肌まで温度を下げるのが簡単で、夜間授乳がコレでだいぶ楽になりました。(100℃で沸騰したお湯を人肌まで下げるのは超大変!)

買うのは待ったほうがいいものは「ベビーカー」と「抱っこ紐」

 生後1ヶ月を過ぎて、外出できるようになってから生活環境に合わせて選ぶのがいいと思います。

赤ちゃんが生まれると生活がガラッと変わります、買っておいたけど使わなかった…!ということもあるあるです。

妊娠中に目星だけつけておいて、本当に必要が出てきた時に試乗などして買うのがいいですよ!

最後に|出産準備物品は少なめに用意しよう

事前にいろいろと準備しておきたくなりますが、焦りは禁物!

今はネット通販ですぐに手に入るんで、育児物品は少なめに買って必要になった時に徐々に買い足していくのがいいですね。

↓赤ちゃんの衣服についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました